ここケットセミナー・勉強会

今後のセミナー・講座のお知らせ

10/21(日)  2018年 10月ここケットセミナー教師・指導者向け『様々な児童・生徒の見立てと支援』

20180917022939.JPG


第35回 教師・指導者のための勉強会

  

『様々な児童・生徒の見立てと支援  

 

日時:

2018年10月21日(日)16:00〜18:00 

 

 

様々な児童・生徒さんがいる中で、

どのような支援を行うのが、

効果的なのでしょうか?


本などに乗っている一般的なことだけでなく、

現場ですぐに使えそうな

知識やアイデアをお伝えしたいと思います。


後半は、質問タイムになります。

事前に質問されても大丈夫です。

答えきれない内容や、一般的な質問は、

ここケットラジオの方で答えることがあります。


(個別な内容も含まれるので、

録画視聴は、後半はできません。

ネットで参加される方はできます)


※直接参加できない方は、ネットで受講ができます。

また、勉強会から2週間の間は、録画受講ができます。

 

料金:2,000円 (初めての方は、1,000円)

定員:10名(ネット・録画視聴の方は、定員に含まれません)


内容
15:50
 受付

16:00 〜 セミナー

(録画視聴の方は、このあたりまでです。)

17:00 〜 質問・交流時間
18:00   〜 終了

 




申込方法 

ホームページのお問い合わせページから申し込まれるか、

070-5437-7465に電話して、

お名前・所属・連絡先などをお伝えください。


お電話は、出れない時がありますのが、


メールでも、お電話でも、かならず3日以内に

ご連絡します。


場所 子どもの心と発達の相談ルーム「ここケット」


※ご返信がなければ、連絡先が間違っている場合があるので

 再度お問い合わせください。

※ご質問等があればお問い合わせ下さい。


 

2018年 9月25日(火)10月23日(火)保護者向け勉強会

20180831025447.JPG


第35・36回ここケットセミナー
「保護者のための勉強会」

  

幼児〜思春期までの心理と発達について考える』  

 

日時:

2018年9月25日(火)10:00〜11:30 

 

幼児〜思春期(主に高校生くらいまで)の

心理と発達について解説をして、

その対応方法についてお話して、いっしょに考えていきます。

 

後半は、質問タイムになります。

 

料金:2,000円(初めての方は1,000) 

定員:会場での参加は10名(ネットでの参加には定員はありません)



子どもの仲間形成に必要なスキルをいかに伝えるか?  

 

日時:

2018年10月23日(火)10:00〜11:30


どの年代でも、
子どもは学校などの社会に所属します。
その中で、どんなスキルがあれば、
友達と関わることが大切なのかお話して、いっしょに考えていきます。

後半は、質問タイムになります。


内容
 9:50
 受付(試聴開始できます)

10:00 〜 セミナー

11:00 〜 質問・交流時間
11:00   〜 終了


※直接参加できない方は、ネットで受講ができます。

 


インターネット受講、録画受講の方は、前料金をいただきます。
(銀行振り込みになります)
当日会場で参加される方は、会場でお支払い下さい。

当日、ご都合が悪くなり出席できなければ、
録画受講もできます。
ご希望の方は、料金は払っていただければ、
その時点で録画URLを送りますので、
2週間は、録画で受講できまるようにします。

当日、参加された方にも、
もう一度聴きたい方のために、
録画受講ができますので、後日、録画URLを送ります。

また、通信環境によって受講に不具合が
生じる場合があります。
また撮影、録音はご遠慮ください。


申込方法 

ホームページのお問い合わせページから申し込まれるか、

070-5437-7465に電話して、

お名前・連絡先・お子さんの所属年齢などをお伝えください。


お電話は、出れない時がありますのが、


メールでも、お電話でも、かならず3日以内に

ご連絡します。


※こちらからの返信がなければ、連絡先が間違っている場合があるのでお問い合わせください。

※ご質問等があればお問い合わせ下さい。


 

2018年8月26日のダンスワークショップのダイジェスト動画です。


8月26日ダンスワークショップのダイジェストです。



ダンスチーム「パレット」の見本動画です。


 

メルマガを登録された方で、配信されない方へ

メールマガジン、ここケット通信は、
毎日7時に配信されています。

現在は、1500号を超えています。

もし登録されたのに、
配信されていない場合は、

携帯などの場合は、パソコンのアドレスを
受信できるように設定してください。

特に携帯アドレスの場合は、
メールが返ってくることもなく
届いていないことも多いようで、
携帯のサーバーでブロックされていることもあるようです。


解決方法は、gmailなどのアドレスを
登録していただけると受信しやすいようです。

また、自動的に迷惑メールのフォルダーに
移動している場合もありますので、
迷惑メールのフォルダーもご確認ください。

それ以外で配信されない場合は、
メールアドレスが間違っている場合があります。

お手数ですが、よろしくお願いします。

 

大阪市塾代助成カードを取り扱っています。

medium_sozai.gif

画像をクリックすると、塾代助成事業ページが開きます。

塾代助成事業とは


子育て世帯の経済的負担を軽減するとともに、
こどもたちの学力や学習意欲、個性や才能を伸ばす機会を提供するため、
一定の所得要件を設け、
市内在住中学生の約5割を対象として
学習塾や家庭教師、文化・スポーツ教室等の学校外教育に
かかる費用を月額1万円を上限に助成する事業です。

大阪市塾代助成事業 HPより引用



ここケットでも塾代助成カードをお持ちの方は、
ご利用できます。

詳しくは、上記リンクで確認してください。




 

メールでのお問い合わせについて

ここケットでは、
メールでお問い合わせがあった場合、

よほどのことがない限り、
当日か、翌日には返信しています。

ただ、携帯のアドレスやgmailによっては、
返信が届かない場合があるようです。

お問い合わせフォームから
メールをいただいた場合は、
自動返信のメールが送られます。

そのメールが届いていない場合は、
ご使用のメールの設定では、届かない場合がありますので、
お電話いただけた方が確実です。

電話は出れない時もありますが、
確実に、折り返しお電話します。

ご相談のメールに関しては特に、
確実に返信をしていますが、

届いているかの確認の
メールや電話は、
行なっていませんので、

もし、届いていないようでしたら、
再度、お電話をいただけたらと思います。

お手数をおかけしますが、
お気軽にお問い合わせください。

 

ここケット 若手のための勉強会のお知らせ

毎月、ここケットでは、
若手の心理士の方を中心に勉強会をしています。

詳しい内容は、メルマガにご登録していただくと
ご案内を送ります。

ご興味のある方は、メルマガにご登録ください。

 

新刊 ソーシャルスキルを育てる!ちょっと気になる子どもをまきこんだ学級あそび50

gakyuuasobi.jpg

新刊

「ソーシャルスキルを育てる!
     ちょっと気になる子どもをまきこんだ学級あそび50」


  支援が必要なお子さんに対して、楽しみながら、
色んなスキルが身に付くワーク(プログラム)を紹介してものです。

普段、私が実践しているものの、一部を書いています。

できるだけ、すぐに準備ができて、
なおかつ、効果的で楽しい方法がないのか?

また、学校で実践しやすいようにも書いています。

上手く、プログラムができるようになったら、
通常の学級のみんな遊びにも使ってもらって、

友達とのつながりを作っていくためにも、
お役にたてたらと思っています。

現在は、明治図書のHPから予約ができます。

http://www.meijitosho.co.jp/detail/4-18-191611-4

 

発売中 ソーシャルスキルとしてのあそびルール攻略ブック

20150429181736.JPG




『ソーシャルスキルとしての遊びルール・攻略ブック』

みんなと遊ぶことが苦手お子さんのために、
様々な、遊びのルールとコツを書きました。

遊ぶというと、簡単なように思えますが、
遊んでいるように見えて、
実は、うまくいっていない場合があります。
それが、年齢が上がると大きなひずみになります。

そういことが少しでもなくなればと思っています。


みんなと仲良く遊べる=ソーシャルスキル
につながればと思っています。

現在発売中です。

こちらのサイトから、一部立ち読みができます。

http://e-hon.cloudpages.jp/viewer/asp/9784_7803_07603




かもがわ出版のHPです。
http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/syoseki/sa/0760.html

以下のかもがわ出版のHPより

みんなと遊ぶのが苦手でも、もうだいじょうぶ
就学前から小学校まで、対人関係が苦手だったり、運動に不器用さがあることなどにより、集団あそびやルールのあるゲームに参加できない子どもたちは、そのなかで身につけられるような成長期にふさわしい発達が保障されないことがあります。
しかし「あそび」の指導は難しいものです。この本は、親や教師・保育士など支援者が集団参加を促すためだけでなく、小学生なら本人が読むことも想定してつくりました。


 

月刊「発達教育」2015年7月号に「ソーシャルスキルとしてのあそびルール攻略ブック」を紹介していただきました。


月刊「発達教育」7月号に、
「ソーシャルスキルとしてのあそびルール攻略ブック」
を紹介していただきました。


以下は、
月刊「発達教育」様のHPからです。


月刊「発達教育」7月号

特集「うそを発達的に理解する」


子どもが「うそ」をつけるようになることは、
大人にとっては少々ショックである反面、
状況や相手が自分に期待していること(けれども期待を裏切ったこと)が
わかるようになった証拠でもあります。
ただ発達障害・知的障害のある子の場合は、
やってもいないのに強く迫られると「はい」と言ったり、
周囲に見られているのに「やっていない」と主張したり等、
奇妙な「うそ」をつくことがあります。
今号では、「うそ」を発達的に考えてみたいと思います。


詳しくは、月刊「発達教育」様のHPを
ご覧ください。

http://www.hattatsu.or.jp/hattatsu_kyouiku_2015_07.html


 
11件中(1件~10件を表示しています)   前   |