心のウォーミングアップ

バックナンバー

メルマガについて

心のウォーミングアップ、

ここケット通信は、毎日配信されています。

 

現在、220号を超えています。

 

しかし、

メールアドレスによっては、

届いていなかったり、

メールが返ってくる場合があります。

 

登録していただいたのに、

配信されていないのは、申し訳ないので、

 

メルマガに登録されていて、毎日、配信されていない方は、

メールアドレスを変更して登録されるか、

メールの受信設定などを変更してください。

 

それでも、うまくいかない場合は、ご連絡ください。

 

また、過去のメルマガは、登録された方には、

みていただけるようにしています。


 

子どもと忙しい大人の共通点

ここケット通信52〜56

 

子どもと忙しい大人って

一見、かけ離れているように見えますが、

 

結構、同じ特徴があるんと思うんです。

 

1.人の話をちゃんと聞かない。
2. 自分の言ったことを覚えていない。
  もしくは、都合のいいように言いかえる。
3. 自分の意見が通らないと怒る。
4. 人からの注意を聞かない。
5. めんどくさいことはしない。
6. 聞いた話を忘れる。


単に悪口を書いてるだけみたいですが(笑)

 

これを家庭にあてはめると、
仕事が忙しいお父さんと、子どもに
はさまれているお母さんは、大変ですよね。

さらに、お母さんも忙しくなると・・・・・


って考えると、大変なことになります。

 

その時にどう大事なことを伝えたらいいのかを書いています。

 

***************************************

 

これ以降の話を読まれたいかたは、メールマガジン(無料)にご登録ください。

アドレスだけを入力されるだけで、配信します。

 

また、ホームページのシステムを使って配信していますので、

ここケット通信以外のメールは配信されません。

 


 

子どもとアニメ

バックナンバー38〜48までは

割愛します。

 

ここケット通信49〜51

 

今、子供たちが見ているアニメは、

特に深夜のアニメは、大人がついて

これないんですよね。

 

そんな中で、アニメ好きなお子さんと

どういう風に会話をしていけばいいのかを

 

書いています。

 

*******************************

 

この続きを読まれたいかたは、

メルマガにご登録ください。

 

現在、5/4時点で69号まで配信されています。


 

タモリから学ぶ心の柔軟性

ここケット通信第37号です。

 

今回は、心のあり方の話です。


笑っていいとも思りましたね。


この方のすごいところは、
ずっと続けてこられたことですね。

でも、もっとすごいのは、
自然体でいること、
自分の好きなことを大事にもっていること、

それから、自分の変な部分も大切にしていること
つまり、自分の個性を理解し、それを保っていること


そして、何より、大事だと思うのは、
力を抜く時に思いきって力を抜けること

力を入れるのは人は簡単です。

力を人前で抜けるというのは、
本当にすごいことだなと思います。


しかも、ただ抜いているだけでなく、
いつでも、スイッチが入れる力の抜き方なんですよね。

 

 


 

情報は、意外とゆっくり

2014/4/2

ここケット通信第36号です。


今回は、もののとらえ方の話です。


私は、職業のせいもあり?
よく、テレビを見ます。
(もちろん、テレビだけ見てるわけではないんですけど・・)

一つは、お子さんがどんなものに
興味を持っているか知っておくことと、

もう一つは、
何か、関わりや考え方の
ヒントになるようなことがないかです。


お子さんの見てるものって、
大人が一瞬見ただけでは、
みんな同じに見えるんですよね。

でも、それが感情のひだに、彼ら彼女らが
どんなところにひっかかるのか。
そんなことを気にしながら見ています。

 

---------------------------------------------

この続きは、メルマガに登録(無料)いただいた方のみご覧いただけます。

 

もし、ご興味があれば、ご登録ください。


 

思い出は砂糖のよう

2014/4/1

ここケット通信第35号です。

もう4月ですね。
タイトルが、詩のようですみません。

が、内容は、
そんな甘いものじゃないかもしれません。


ここ数年、昔の自動車メーカーの苦労話や、
戦前の豊かな時代の話など

本当は、そこまでではないかもしれないけれど、
ざっくりまとめると、昔はよかった。
的な話がよくでてきているような気がします。

この背景は、マーケットの問題など
色々あると思うんですが、

ここは、ちょっと、心の部分だけに絞って
考えていきたいと思います。

 

----------------------------------------

 

この続きを読まれたい方は、メルマガ(無料)に登録お願いします。

 

現在は、55号まで配信しています。(毎日配信していますよ〜)

 

内容は、硬軟とりまぜてあります。


 

始まればいつかは終わる。

2014/3/31

ここケット通信第34号です。

 

今回は、緊張した時の考え方の話です。

 

 

*****

 

ご興味がある方は、

 

続きは、メルマガ(無料)に登録していただけるとありたいです。

 

30号までは、バックナンバーから全文読めます。

 

 

 


 

共感と同情は違う。

たまには、全文、掲載します。

 

2014/3/30

ここケット通信第33号です。

今回は、感情の問題です。


最近、よくセールスの電話がかかってきます。
どういう風に、人を騙すのか(失礼)興味があって時間があると、
ちょっと聞くふりをして聞くのですが、
(もちろん、いつ断るかしか考えてないですが
根底に、楽して得したりすることは、、
宣伝しなくて、儲かってるでしょと思っているので)

セールスの仕方というのは、何パターンかあるようです。
いつか、まとめて発表しようと思っています。

 

それはともかく。
話を聞いていると、この人はどんな気持ちで話しているんだろう。
自分がやっていることは、嘘だと分かっていながら、
どうしてやっているのだろう。

 

たまに、他にも電話している人の声が聞こえると、

もしかしたら、求人をみて応募したらこんなところだった。
でも、生活のためにやっているのかなと思ったり、

電話になれてないような、おじさんがかけてくると、
どんな人生をすごして、こんなことしてるのかなと
思ったりします。

 

かといって、買ったりしません!!(業者さん)

 

何がいいたいかというと、

 

相手の状況や気持ちを理解しようとする行為が
共感だと思うんですね。
専門的には、もうちょっと違うかもしれませんが、

私はそう思います。

 

本当に相手の気持ちと一緒になるなんてできないと思います。
理解したいと思う過程が共感だと思います。

で、相手の立場を分かったつもりになって、
こちらが能動的に動いてしまう行動が
同情だと思うんですよね。

 

ちょっと、極論な気がしますが、
同情が悪いというわけではなくて、
その人の立場には、共感しそうになりますが、
冷静に判断することも必要だと思うんですよね。


というわけで、
業者の方、連絡してこないで下さい(笑)

 


 

雨を降らせる方法

2014/3/29

ここケット通信第32号です。

今回は、夢と考え方の話です。



今は、テレビのクイズ番組が全盛ですが、
昔、そんなにクイズ番組がなかったころ、

謎々の番組がありました。

そんなに記憶にはないんですが、
ちょっと、常識の盲点をつくような問題で
楽しみにしてたことを思い出します。

どんなクイズがあったかというとうる覚えですが
「飛行機で大阪〜東京まで時速300キロで
1時間でついたとすると、時速40キロで
飛んだとすると何時間何分かかるでしょうか?」

というような問題です。




答は、
着かない、飛行機は時速40キロで飛べないそうで、
墜落するからだそうです。


ちょっと計算した人は、まじめで素直人です。
もっと力を抜きましょうね〜。
一瞬で計算した人は、すごいですね。
答が分かった人は、それもすごいですね

そんな問題の中、私が一番、覚えているのは、

「ある部族は、雨乞いをすると、必ず雨がふるというなぜか?」

という問題です。

答はわかりますか?

*******************************************

 

続きは、メルマガにご登録ください(無料)

アドレスのみで登録できます。


 

普通は苦痛

2014/3/28

ここケット通信第31号です。

今回は、考え方のことです。


「普通は」と、私も気がついたら
言ってしまうことがあります。

また、普通と比べて、
自分がダメだなと思ってしまう時があります。


でも、よく考えると普通って何でしょう?

 

------------------------------------------

 

これ以降の内容に興味がある方はメルマガにご登録ください(登録無料)


 
40件中(1件~10件を表示しています)   前   |